ブログタイトル

初めての塗替えの重要性とは

いつも読んで頂きありがとうございます!

空創工房リ・メイクハウスの田中です!

ついに今年も最終月になりました!

まずは年末年始のお休みのお知らせです。

12月29日~1月4日までお休みをさせて頂きます。

よろしくお願い致します。

 

では、今年ラストテーマは、最初が肝心!というお話をさせて頂きます。家が古くなってきた、汚れてきた!という時に、とりあえず塗装すれば、キレイになる!大丈夫!と思っている方はいませんか?

それは、間違えです!と言いたいですが、間違えではありません!!ただし、しっかりと塗装していればの話です。

私共は最初の塗替えよりも2回目、3回目の塗替えを良く頼まれる事が多く下の写真のような屋根によく出くわします。

この屋根は、塗膜が浮いてめくれている状態です。

洗浄後のに撮影すると下のような状態になります。

塗装のグレードとしては良い物を選定されていたので、塗膜自体は色褪せてはいますが、効力はあります。ただ、屋根とは密着していません。

原因は、しっかりとした下地処理がされず塗られてしまった事です。でも,悪意がある訳ではありません!

なぜかというと、じつは下塗は規定回数塗っていたりするのです!

では、なぜそういう状態になるのかと言いますと、屋根材が劣化していると、屋根材に下塗材が吸い込まれ、表面に下塗が残らず、下塗なしと変わらない状態になるからです。

やっている職人さんもその状態に気づかなかったり、もう一回塗れるだけの予算が無かったりすると、そのまま次の工程に移ってしまいますし、2~3年は問題がありませんが、数年後には写真のようになる可能性が出でしまいます。

こうなると浮いた塗膜の中に雨や結露水が溜まり、屋根を一層劣化させてしまいますし、次回の塗替えの際に下地処理の費用がプラスされます。

なので、家の塗替えは最初が肝心ですし、そのための業者選びも肝心です。

多くの方が、家を維持する為のお金はなるべく少ない方がいいですよね。

そんな長期的な目線で皆様の手助けが出来れば嬉しいです!

これからも、より一層のお役立ちが出来るように頑張っていきたいと思いますので、来年もよろしくお願いします。

 

年始は1月5日から仕事を開始致します。よろしくお願い致します。

 

 

 

外壁の長寿命化塗装計画!

凄くお久しぶりな更新で、すみません!!

HPからのお問い合わせが増えてきましたので、ブログをさぼっていたのが露骨に目立ってしまい恥ずかしい・・・!

(月1回は更新していこうと思います・・・。)

まずはお知らせです!弊社のイベントではございませんが、今月の15日に石神台マルシェに参加させて頂きます。

弊社からはお子様向けにボルタリングの壁とミニ漆喰ハウスを出店?させて頂きます。

今の所、天気が怪しいのですが、晴れてくれる事を願います!!

是非、お子様やお孫さんを連れて遊びに来てください♪

ちなみに開催時間は9001200なので、よろしくお願いします。

では本題です!

今回はサイディングのシーリング目地についてです。(何回か取り上げる事ではありますが・・・)
地味な部分ですので、意外と軽視しがちですが、下の写真のような状態で、あまり放置し過ぎると雨漏れや構造への影響がでる重要な部位にもなります。


ですが、通常のシール寿命は5年~10年でサイディングの塗装の寿命より短いのです!特によく日が当たる部分は劣化が激しくなってしまいます。
ですので、塗膜で保護する事で長く持たせる事を推奨しておりました。

ですが、サイディングの柄をそのまま残すクリア塗装とは密着性が悪く、シール部分だけは通常の外壁の下塗材の下にさらに別の下塗を塗るなどして密着性を高める事をしていましたが。ですが最近弊社では、オートンイクシードというシーリング材を採用する事にしました。

詳しくは↓カタログを・・・

オート化学工業株式会社_オートンイクシード製品カタログ
材料費は2倍以上になるのですが、シール部分の下塗の作業費を考えるとそこまで差が無くなる上に、耐侯性はシール自体の寿命が15年以上。

しかも、亀裂・破断に強く、防汚性もある。(良い事づくし!!)これにより、私自身も寿命が長い塗料も安心してお勧め出来るようになりましたので、個人的に凄くスッキリしました。サイディングの柄を残したまま長持ちさせたい方いましたら、是非!

これからも弊社は30年外壁のノーメンテナンスを目指しまし、商品研究・技術研究をしていきますので、皆さん!!研究の場の提供をお願い致します!(笑)

 

 

二宮塗替現場より

こんにちは!空創工房リ・メイクハウスの田中です。

いよいよ今年も最後の月となりました!毎年この月になると色々と振り返る事が多くなるのですが、今年は、実験の一年だったと自分では思っております。

でも、毎年そう思っている気もしないでもないのですが・・

 振り返ると、弊社の工事仕様も工事回数を重ねる毎に多少変化させてみたり、新しい材料を試してみたり、材料の使い方を発展させてみたりしており、なかなか完成のパターンというのものがなく、いい加減完成パターンが欲しいなと思う事もありますが、そこは・・・

芸術に決して完成ということはない。途中で見切りをつけたものがあるだけだ】(By レオナルドダビィンチ)という心持ちでやっていこうと思います。

キャラに似合わず名言を入れてみました()

では今回は、以前取り上げていた地味だけど大事な工事【Vカット】について実際の現場の事例をもとに改めて解説させていただきます。

下の写真は、写真ではわからないぐらいのクラック(ヒビ)が入っています。

dsc_0225

本来は、Vカットしなくてもよい幅のクラックだったのですが、何度も定期的に塗り替えている家だったので、不安に思いカットしてみました。それが下の写真です。

3mmぐらいのヒビが中にかくれていたので、流石に工事部長もびっくりしていました。

dsc_0227

今回の事例は、建てた所の保証延長により定期的に塗替が行われており、2回塗替されているが、下処理をしていなかったというのが原因です。モルタル壁はモルタルの塗継ぎなどなど様々な原因によりクラックが発生します。

通常は問題のないクラックがほとんどですが、稀には、経年劣化により大きくなってくるクラックもあります。

これを塗膜で埋まるからと塗装すると1回目の塗装でクラックを隠した事により、2回目の際にも細いクラックなのでそのまま塗塗装したのだと思います。

これでは、大きくなっていのにも気づけませんよね。セメント成分の中性化を防ぐ目的は果たしていますが、家を持たせる事にはなっていないですよね・・・

家をきれいにする事と長持ちさせる事は違うんですよ!!と塗った人に言いたい・・・

 

 

1 / 1712345...10...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!