スタッフブログ
staffblog

カテゴリなし 2016.10.04

外壁塗装 壁の色で後悔しない為のポイント

こんにちは、店長の田中です。 現在二宮町緑ヶ丘で、超低汚染リファインによる塗替え工事をやっているのですが、本日雨の為に現場が休工になりました。天気は品質にも影響する重要な要素であります。(当たり前ですよね・・笑)雨も止んできたので少し出来そうかなと考える塗装屋さんもいらっしゃいますが、品質を第一に考えると作業が出来そうでもやらない勇気や決断が重要になりますよね。 では、今回のテーマ 「色を決める為に重要なポイントを1つ」 【色はどんなにイメージや色見本帳で見ても、全くのイメージ通りにならない】という事です。 私が今までやってきた中で、色見本帳の通りに色を注文してもイメージ通りです!!とお客様に言われる事はありませんでした。なので、実際の壁に決めた色を塗装し、色のイメージをつけて頂くようにする事にしました。 しかし、それでもイメージと違うというお客様もいらっしゃいました。   なぜか!!?理由は色々ありますが、結論は一つです。 答えは簡単です。実際の壁と違う条件で見ているからです。 下の写真の真ん中の四角は全くの同色です。 brightness2 しかし周囲の影響を受けて少し濃く見えたり薄く見えたりします。 また、建物の影や日の当たり方による違いもあります。   318cbf2c0de618803eba191bdcd8c0a9 なので、究極は全て塗り終わって確認する事です!!・・・・・・・・とは言いたいですが、流石にそれだと工事側も大いに振り回す事になりますので、その間を取って、 「中塗りが完了した際に、実際の壁の色をみる事」 通常塗装は2回塗り(下塗り含め3回塗り)です。一回塗りの段階で色を見て色を変えれば絶対イメージ通りの工事が出来る!!究極ですよね。 弊社は中塗りでしっかりとイメージを確認して頂き、そこから2回目の上塗りに移る事を標準としてます。それが、お客様がイメージ通りに満足していただくことが私たちのやりがいですし自社施工の醍醐味ですね。 しかし、黒系の色から白系の色に変えたいという極端な要望は流石に仕上がりません・・・ なので、手順として 色見本で好きな色系統を3パターンぐらいに絞る実際の壁に1㎡ぐらい塗ってみる中塗りで色の最終確認を行う という流れで色を決めれば、色で失敗するリスクは殆どありません。 昨今、長持ちする塗料が多くなってきているので、住んでいる人の後悔ない色選びをしていただきたいと思っております。 ◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊二宮町・大磯町・平塚市の塗替え工事ならお任せください。 二宮町の塗装会社 プロタイムズ湘南西店 空創工房リ・メイクハウス株式会社の田中です。 長文読んでいただきありがとうございました。        

CATEGORY

カテゴリ

ARCHIVE

アーカイブ

一戸建て住宅の外壁を塗装する空創工房のスタッフ

AREA施工エリア

サービスの品質を確保するため、施工エリアを下記のエリアに限定させていただいております。

二宮町、大磯町、平塚市